FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手にしたい物は、いつだって掴めなくて
それは光なんだから、当たり前だったんだ。
目の前に光が現れると、胸が張り裂けそうなほど眩く
体の全てを壊されていくほどの、解放感がそこに。
夢だってあったさ。
家族とだって仲良くしたかったさ。
いじめられている友達に手を差し伸べたかったさ。
どれも掴めなかったんだ。
目の前にあるのに、光には触ることさえ叶わなくて
追い求めて、それは手に入るものなのか。
自分には、わからなかったよ。
開放した部屋に入り込む陽射しを眺める。
光はこんなにもすぐ傍にいるのに、いつも遠い。
今から光を目指して走ればいいのか。
それをなんとなく諦めてしまって
それも正しい気がするのだ。
人生(そこ)に間違えなんて、存在しないのだから。
だから手紙を書き始める。
照らしてくる、温かな光を浴びながら。
そして手紙を飛ばすのだ。
誰宛でもない、全ての誰かに宛てて。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。