FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不適合者

ざわつく心に「黙れ」と恐喝する。
僕は死ぬべきだという訴えに「自分は生きている」と事実で跳ね返す。
荒んだ心に目も当てられず、距離を離せば不安や苛立ちを覚える。
僕はそれを酒で誤魔化し、自分を寝かしつける。
疲れた心を癒すのは容易ではなく、それを許す社会は存在せず。
誰もが必死に生きる世界に、悦と苦痛の差が生まれる。
弾かれた僕らはなす術もなく壁を見上げる。
見上げれば見上げるほど、苦難が待ち構えているくせに、登っている奴らは楽しそうに見えて、それが不愉快で、疎外感を感じる。
それはもはや社会を超え、世界不適合者と言えるのかも知れない。
そして、いつまで待てど、駄々をこねても、必死で願っても、新たな道は出てきてはくれず、壁を登るしかないのだ。
ひたすら登って、登って、登って…そこに意味を見出したいと願うばかり。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。