FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍い海、碧い空、青い涙

涙が止まらない。
涙が流れ落ちる。
心へと流れ落ちる。
穴が空いたように
空っぽな場所に雫が溜まる。
放った涙に受け皿はない。
放った心はコンクリートに
叩き付けられたガラスの様に
飛び散るよ、涙と共に。

純粋にはなれなかったよ。
賢くはなれなかったよ。
悲しさだけが、大空のように無限に広がるよ。

ねえ、こんな僕
何がある?
何かある?
何もない?

いいよね。
こんなのもいいよね。
受け入れられることはないけど
いいよね。

光は否定しろと言う。
闇はここでいいと言う。
どちらを信じる?
どっちつかず。
どっちつかず…。
どっちつかず、その果て。

涙はちっぽけな一滴にすぎないよ。
海はそれの何倍あると思う?
海はなんで大きいと思う?
僕らが頑張りきったその時の
受け皿となるからだよ。
それだけが僕らを包み込んでくれるね。
それ以外はもう満足しないよ。

波がめちゃくちゃに体を押し付けるよ。
沈んでゆくよ。
苦しいよ。
確かに生きていたという実感。
こんな時しか感じられないのか。
悲しみすらも飲み込んで
海底に吸い込まれている…。

夢を見てた。
色んな過去の思い出。
それが夢なんじゃないか。
現実はまだ夢から覚めていないんじゃないか。
現実を来世ということにして
今、目を覚ましたいな…。

大きな空。
聞こえるさざ波。
ずぶ濡れの僕。
砂まみれの僕。
何も無いよ。
だからゼロからのスタート。
全てを海の底に放ったよ。
僕は海の底から放たれたよ。
だから、ゼロからスタート。

涙が止まらない。
涙が流れ落ちる。
空へと流れ落ちる。
埋まった心が弾いて
空へと跳ねる。
それを空は大切なものを扱うように
掬ってくれるから
なおさら涙が止まらないよ。
がんばれと言っているようで。
できると言っているようで。
ぼくを知っているようで。

放った涙に受け皿はない。
舞い上がる涙は雨を打ち上げるように
空へと散っていくから。
投げようとした心は
もう重くて動かせない。
空っぽで軽かったはずの心は
いつの間にかこんなに重要になったよ。

ゼロからのスタート。
ゼロからの続き。
涙からのスタート。
涙からの続き。

叫びはこの世に響いて。
僕はここにいるから。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。