FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽のような友人

友人との遊びが、楽しすぎて目が回る。
大笑いして、会話して、嬉しくて、頭突きなんてして。
酔っ払えば甘えてしまって、カラオケ行けば友人の歌声が何十倍増しにもいい声に聞こえるよ。
温かいんだよ。
ずっと傍にいてほしいんだよ。
こんな情けないことなんて言えるはずもないんだけどさ
お前が太陽の陽射しのように温かいから、離れたくないんだよ。
俺の傍でずっと温め、道を照らしてくれよ。
そんな思いを胸にしまいこんで、霧のかかった帰り道を独り、通るんだよ。
今その隣に、お前がいてくれたらなんて、本当酔っ払いの戯言だと思うよ。
それだけお前は、俺の光だから、切なくも情けなく、嬉しくて温かい。
友達が歌ってくれたよ。
“天国じゃなくても楽園じゃなくても、あなたに会えた幸せ感じて風になりたい。
 何ひとついいことなかったこの町に、沈みゆく太陽を追い越してみたい。
 生まれてきたことを幸せに感じる。
 かっこ悪くたっていい。あなたと風になりたい。”
そうやってお前と世界を吹き抜ける風になれたら、どんなに幸せなんだろうな。
その場に出会った俺の数少ない友人達がいてくれたら、本当に幸せすぎて昇天してしまいそうだ。
だから、そこまで思えるほどの温かさをくれたお前に一言いいたいんだ。
ありがとう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。