記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

薄弱な黒猫

薄れてゆく感受性に靄のかかった灰色の視界そのままなんとなく歩くコンクリートの上でふと立ち止まる何やってんだろうって思うこともあるだろうここはどこなんだろう…この先どうなるんだろうもうそんなことすら、どうでもいいやと思うことなんてザラだろうやりたいことなんて無いのはわかっている好きなことも無いのも知っている意固地になるのも理解できる死体になるにはまだ早いほら起き上がって笑顔を見せてくれ一度も君の笑っ...

続きを読む

正しさはいらない

大人の勝手な都合優先で、子供に説明もせずに叱るその子供は真似をするか、反面教師にするかあんな大人にはならないぞと、正論で身を固めたただし正論が必ずしも、成功をもたらすとは限らないそもそも周りは悪いことばかりなのに、独りぼっちで正しさを謳うのかいみんなはあれがいいこれがいいと言うけれど、自分はそうは思わないんだよねそれを口にすればもう、君は仲間外れなんだよ見た目より中身が美しくあるべきだと思うかい?...

続きを読む

さよなら

溜め込んでた感情を弾けさせたところで答えはわかりきったことでしょう?わかるでしょ?目を逸らしてる場合じゃない。強く生きなくてはならない?誰がそんなこと決めた?弱者が弱者なりに生きようとしたそれすら罪なのか?疑うことなかれ。空き缶を蹴っ飛ばしても何もならないわよ。あーあ、悲しまないで、どれだけの差があってもそれだけの差しかないよ。あーあ、良いこと言ったかな?溺れる自分の言葉は結局、自身が無いことの裏...

続きを読む

ブラックプール

なあ自然と足がここへ向いたよ。まあ指を動かす時はいつもナチュラルなんだがな。でも俺の字はいつも黒い飾りがたっぷりのイエローモンキーでそれがダセえことは俺が一番知ってんだよ。いい加減どっかに行きてえな。でもどこ行っても受け入れられないんじゃないか?そんなガキの時に覚えた不安と同レベルの情けない死神様が守護霊のようにくっついてまわるから俺はいつもそいつのせいにして、どこにも行かないんだ。話をしようか。...

続きを読む

半歩分の誇り

これまでの小さな社会の中で憂い嘆いて全てを投げた散々に散らかした感情を今更拾い集めて「これは、ここに」「あれは、あそこに」って、綺麗に棚にしまっているよなあ、まだしまう場所がわからない黒いこの塊はなんなんだ?僕はその塊を持て余して途方に暮れるヘラヘラ笑っていて他人に合わせる今日この頃なんかだせえと感じたから関係を切りたいんだ本気で笑えるのは“人”の失敗をいじり倒すことそうやって自分の失敗も笑い飛ばし...

続きを読む

ごめんなさい

なあこんな自分を屑だと思うか?大切にしてやってくれよ明日は明るいか?目が覚めればいつだって土砂降りの雨だどっちが夢だ?どっちが日常だ?痛みを知らないあいつらまともなのは俺か?あいつらか?答えのない自問自答の末俺は狂っていくのか?それでも愛しているお前の本気はどこにあるんだ俯きながら歩いてチラチラと横を見ても楽しいことは見つけられないただ俺は普通じゃないと周りの奴らは楽しそうになんでこんな目に遭って...

続きを読む

最初から馬鹿に思われたかった周りの期待が僕を責め立てる「期待通りしなくちゃな」そうやって僕自身に期待するその結果はどうだい?聞きたくないから耳塞いで見たくないから目を瞑ったちょっと疲れたから一人で外に出かけるよ綺麗に晴れ晴れとした空が鬱陶しくてしょうがないよ妬いてんだこの説明のしようもない綺麗さに憂いてんだ綺麗な空を喜べないことに手の届かない光だと信じて手を伸ばそうともしないだって疲れんだよ…そっ...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。